クリスマスになるとやって来る、

アイスランドのユニークな13人のサンタのお話です。

アイスランドのサンタクロースは13人。

12月12日から毎日1人ずつ山から下りて来ます。

 

アイスランドでは、クリスマスにやって来るサンタクロースがなんと13人もいるのです。クリスマスの季節にやって来るいたずら好きな楽しい男たちがサンタとなって集いそして、この国のクリスマスは大変に長く、26日間にもなります。

これは普段は山に住んでいる13人のサンタクロースが1人1人山から下りてくるためです。最初のサンタクロースが下りて来るのが12月12日、最後の13人目のサンタクロースが下りて来て全員が揃うのが12月24日、クリスマス・イヴです。13人全部が揃ったら本当のクリスマスを祝うのです。そして12月25日からまた1人1人山に帰り、最後の1人が山に戻るのが1月6日です。

これは元来、ヴァイキング時代のお祭りがキリスト教の影響を受けて変化したもので、13人のサンタクロースは元はヴァイキング時代の民話に出てくるいたずらもののお化けが、サンタクロースに変化したもので、13人にはそれぞれ、ソーセージを盗むサンタとかドアをたたくサンタとか名前がついています

この独特のクリスマスはアイスランドの風土と深く関係していると云われます。クリスマスの頃のアイスランドでは日の出が午前11時過ぎ、日の入りは午後3時半頃で、日中の長さは4時間半前後となり、昼間が極端に短くなります。長い冬を少しでも楽しく過ごそうとするアイスランドの人々の知恵なのです。

今では少なくなりましたが、ハンギキョートという子羊を燻製にした伝統料理でクリスマスを祝うアイスランドの家庭があります。ホテルや市街のレストランによってはクリスマスの期間、このアイスランド最古の伝統料理を出してくれるところがあります。

12月11日の夜になるとアイスランドの小さな子供たちは自分の部屋の窓に靴を用意します。12月23日の夜までに13人のサンタクロースの一人が靴の中にプレゼントを入れにやって来るという伝説があるからです。

クリスマスシーズンには人々は街に繰り出し、レストラン、パブ、カフェ、ナイトクラブは大いに賑わいます。特に、クリスマス・イヴや金曜日の夜はクリスマス気分も最高潮になり、明け方までまるで街中がナイトクラブになったような大喧騒を極めます。

そこで、このユニークな13人のサンタのお話をより掘り下げてご紹介したいと思います。

アイスランドでクリスマスになるとやって来るのは守護聖人聖ニコラスの伝説から誕生した、赤い服を身につけた世界中で愛されているサンタ・クロースとは似ても似つかないものです。彼らはクリスマスの小悪魔ヨゥラスヴェイナル(Jólasveinar)と呼ばれています(以下、彼らを総称して「クリスマスの小悪魔」と呼ぶことにします。彼らはお世辞にもかわいいとは云えず、 魅力的と云うにはほど遠い風貌をしています。 彼らは見るからに恐ろしい顔つきをした母親のグリーラと女々しく気が弱い父親のレッパルージと一緒に山の洞穴に住んでいるといわれています。怖い母親のグリーラは人食い鬼 女でした。

クリスマスの小悪魔の数はヴァイキング時代の多神教からキリスト教に改宗される事によって様々に変化しています。現在の13人という数が最初に登場したのは小悪魔たちの母親グリーラの詩の中でした。18世紀の頃です。そして、彼らの名前はヨゥン・アゥトナルソンの民話集のなかで発表されたのが始まりです。1862年のことです。およそ60もの異なる名前が知られています。

彼らの住む洞穴には一匹の猫が同居していました。クリスマス・キャットを意味するヨゥラコットゥルインJólakötturinnです。クリスマス・キャットは忌まわしい人食い鬼女グリーラにとっては飼われているペットとしての存在ではなく、むしろ彼女の邪悪な考えや行動を一緒になって助長する邪悪で悪意に満ちた存在だったのです。

このようにグリーラは子どもたちにとって好ましい存在でなかったのです。というのも、彼女は いつも大きなシチュー用の鍋を煮立てていて、子どもたちが始末に終えない悪さを働くと煮立った鍋に放り込んで食ってしまうといつも脅したからです。しかも、クリスマスのシーズンにはその悪さを止めさせるために、これだけでは足りず、クリスマス・イヴに新しい服を着ないとクリスマスキャットがお前たちを食い殺すと脅すのです。 13人の子どもたちは絶えず両親とこの猫を怖がって生活していました。酷く忌まわしい一族であったと云われます。  

13人のクリスマスの小悪魔たちは人々が近くにいない時は姿を隠してずるそうな目つきをしたり、冷たい笑みを浮かべたりして悪戯や悪ふざけをしようといつも企んでいます。彼らは悪戯を重ねて、家庭の安寧を妨害するのです。

彼らは北欧神話トロールの家系を継ぎ、子どもを怖がらせたり、脅かしたりするお化けが原型だといわれています。前世紀になって、彼らは少し大人になって丸くなりました。更には最高級の赤い衣服をまとうようになりました。そしてこの13人の小悪魔はサンタとも呼ばれるようになったのですが、それでも、彼らの盗み癖や悪ふざけは一向に治まっていません。

彼らはクリスマスの13日前、つまり12月12日の夜から毎日ひとりずつやって来ます。現れるときは必ず独りずつで二人以上一緒になってやって来ることは決してありません。

  12月12日の朝から、クリスマスの小悪魔が街に下りてき始めます。  

12月12日の朝になって、最初にやってくstaur.jpg (10485 bytes)るのは羊小屋のでくのぼうサンタです。彼は杖を持って木のように固くかしこまってやって来て遠く離れた農家の雌羊を捕らえ、雌羊のミルクを飲もうとします。しかし、彼の思惑ははずれたのです。なぜって、彼の膝は硬直して、そうすることができなかったのです。 

 2番目として12月13日にやって来るサンタは間抜けのガーリーです。白髪の頭です。搾乳の時代の前の話です。乳搾りの女が牛飼いに意味ありげな笑みを与えている間、こっそり牛屋に忍び込み、手桶に入っている牛乳の上澄みを掠め取るのです。

 

12月14日には3番目のサンタで小悪魔がやってきます。名前はちびのスタッビーです。名前から伺えるように、ずんぐりむっくりの小男です。発育が停止した小男で、鍋をなめる男とも呼ばれています。いつもなべにたまごを泡立てさせようとチャンスを狙っています。そして、それをやったらなべの底と縁にへばりついた僅かな残物(彼の好物なのだが)廃棄して素早く走り去るのです。  

4番目はスプーンを舐めるサンタで12月15日にやってきます。 tvoru.jpg (11183 bytes)

心棒のように痩せています。

忍び込んだとき料理人がいないと、彼は最高の至福を覚え、彼は一層の努力をするのです。躍起になって大はしゃぎしながらかき混ぜ用の、木製の料理用スプーンを盗んで、それをしっかりと握って両手でそれを抱えます。ツルツルして滑りやすいからです。

potta.jpg (9035 bytes)

つぼを舐める男が5番目のサンタで、12月16日にやってきます。ある意味ではおかしい輩です。子供たちに小さなギフトを与えるとき、この男はドアに近づき、コンコンとドアを叩くのです。そして、子どもたちは本当にこの輩がやってきているかを確かめようと急いでドアに近づくのです。 そうすると彼は急いで洗浄されていないつぼをゆすって、つぼの底の残り物を舐めるのです。

 

12月17日には6番目のボウルを舐めるサンタが山から降りてきます。

話にならないほど育ちの悪い男でした。

ベッド枠組みの下から醜い頭を突き出し、 誰かが木製の食器用のボウルを床に置いたとたんに彼はボウルを素早く手元に引き寄せ、きれいに舐めてしまうのです。それはそれは見事な早業でした。  

 

  hurda.jpg (10690 bytes)12月18日は前からでも後ろからでも数えて7番目のサンタです。下品で粗野な輩、ばたんと音を立ててドア閉めるサンタです。

人々がたそがれ時、ちょっとまどろみをとろうとすると、彼はこの上なく至福を覚えるのです。

ドアを烈しい音を立てて閉め、キーキーとドアの蝶番をきしませる音で大騒ぎと大混乱を起こし、ひとを眠らせないのです。

 

さて、8番目です。スキールをむさぼり食うサンタです。12月19日にやって来ます。スキーとはアイスランドの古くからあるヨーグルトです。ひどくのろまでとんまな奴です。彼の食い意地は誰もが知るところでしたが、食料貯蔵室にこっそり忍び込んでスキールの入った樽のふたをこじ開けるとまさに爆発するかのような勢いで哀れっぽい声を出し、怒声をあげ、うめき声をあげながら、がつがつとヨーグルトを貪るのです。

   

bjugna.jpg (11163 bytes)9番目は12月20日に現れます。狡猾なこそ泥、ソーセージを盗むサンタです。屋根の垂木によじ登って、そこから食料をくすねるのです。彼はソーセージならどんな種類でも大好物。

煤煙でまみれた横桁に座って、家柄のいい人々が好むソーセージを貪り食べるのです。

 

glugga.jpg (10193 bytes)10番目は窓から覗き見するサンタで12月21日にやって来ます。不気味な感じの小さな脳足らずですが彼の何人かの兄弟のように貪欲でなくガツガツしていません。しかし、異常なほどせんさく好きでおせっかい焼きなのです。窓によじ登って窓から覗いて盗み見するのです。

そして、彼が目にしたものは何であれ、十中八九の確立で彼に持ち去られ失ってしまうのです。

 

gatta.jpg (11664 bytes)11番目は12月22日にやって来るドアを嗅ぐサンタです。間抜けな男で、ゾットするほど気持ちが悪い奴です。この男は風邪を引いたことは決してありません。そのうえ、大きく、敏感な鼻を持っているのです。彼はクリスマス用に焼かれたケーキの匂いが大好きでした。そして、自身のためにひとつかふたつのケーキを強奪しようと試みます。誰も何を感じない前に、彼はケーキの香りを捉えると谷間や丘陵を越え風のように臭いの方向に走り出すのです。

 

kjet.jpg (9894 bytes)聖ソルラゥクルの日、12月23日にやって来るのは鉤でお肉を盗むサンタで第12番目です。

彼は肉なら何でも大好きです。彼の天賦とも云える才能はやって来るや否や発揮されることになります。忍び込んだ家の台所の煙突から鉤を下ろして、屋根の垂れ木に吊るされているラムのもも肉やフライパンに入っている燻製のラム肉を吊上げるのです。燻製のラム肉は聖ソルラゥクルの日に料理される伝統料理です。

 

kerta.jpg (14625 bytes)クリスマスの前日、詰まりクリスマス・イブに最後の13番目の男が下りて来ます。ロウソクを物乞いするサンタです。

この時代、ろうそくはこの世の夜を燈す最も輝きがあるものでした。ロウソクは珍しく、貴重なものでしたので、子どもたちがクリスマスにロウソクを与えられるのはとても特別なことだったのです。だからこそ貧乏なこのロウソクを物乞いする男もロウソクが欲しかったのです。

彼は、幸せな妖精のように、獣脂ロウソクの放つ光を手にして農場を走り回る小さな男たちの後ろを引っ張られるようについて行くのです。

 

クリスマスの夜には、13人の男たちは全員自制心が備わっていて、明かりをじっと凝視して悪戯はしません。

それから彼等は毎晩1人ずつ霜と雪の世界に小走りに向かうのです。そして12番目の晩に、最後の男が離れるのですそれが1月6日で長いクリスマスが終わるのです。

16日、人々はずーと飾っていたクリスマスツリーや飾り物を片付け、クリスマス・ライトを消して、長いクリスマスに別れを告げるべく、ボンファイアを取り囲み、花火を打ち上げます。

元来、キリスト教では16日は東方の三博士のベツレヘム来訪を祝う日で、Twelfth Day(クリスマスから12日目で昔はクリスマスの最後の日として祝われ、いろいろな楽しみ事が行われ、クリスマスの飾りを取りはずすなど様々な習慣を伴った)ともいうエピファニー(救い主の顕現を祝う日)です。アイスランドのクリスマスがこの日に終わるのはエピファニーが反映されて今尚残っているものと考えられます。アイスランドでは13番目の「ロウソクを物乞いする」サンタクロースが山に戻るこの日をスレッタゥンディンÞrettándinn(Thirteenth)と称し、特別な日にしているのです。スレッタゥンディンはニューイヤーズイヴのように幻想的な一夜です。ボンファイアを囲んだ人々は、古くから伝わる物語風民話を語りながら過ごします。物語には、人間の舌でお喋りをする牛、人間を訪ねにやって来る小妖精たち、自分の毛皮を脱いで、乾燥した陸地を歩いているアザラシなどの民話があります。そして、揶揄的にクリスマスを燃焼させる意味で花火が打ち上げられます。しかし、このスレッタゥンディンを祝う伝統的行事はニューイヤーズイヴのような盛り上がりはなく地味なものです。

 

※本文中のイラストはニューヨークにあるICELANDIC TOURIST BOARDのHPで使用されているものですが、ニューヨークの観光局長がMR.アイスランドが日本のアイスランド政府観光局長時代の同僚である事から使用許可をお願いしているものです。下のイラストは日本のアイスランド政府観光局のHPのために作製したものです。

 


Revised:11/10/24